王さまと九人のきょうだい

今日は児童館での読み聞かせだった。

三人で一冊ずつ読んだ。

うれしいやくそく(廣済堂あかつき)

遠足のはなしということで、子供たちに身近で、遠足いけないとかわいそーなんて声があった。


びくびくビリー(評論社)

心配ごとをなくしてくれる、ボリビアのふしぎなお人形がでてくる。
たまたま、このお人形の現物を図書館から借りれた。現地のお土産屋さんに売ってるそうな。

みんなに見せたら、すごい興味をもったり、ほしいと言ったり。

心配ごとあるの?

と聞くと、あるという子もいた。
何だろう。それが気になった。


王さまと九人のきょうだい(岩波書店)

中国の民話。長く読み継がれてるものは、やっぱりおもしろい。

長いお話なのに、みんな飽きずによく聞いてくれた。

この話は、特に爆笑が多かった。きょうだいの名前や、王さまとの掛け合いで。

読み終わってから、きょうだいのセリフを真似して遊ぶ子もいたりして。

こうやって反応が大きいと、読んでるこっちも本当に楽しい。

おばちゃんたちに、楽しい時間をありがとね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント