ライ麦のフルーツブレッド焼きました

パン教室の日。

午後から大雨の予報だったけど、たいしたことなく霧雨だった。

今日は天然酵母とライ麦を使ったフルーツブレッド。

ドライフルーツをふんだんに使った。ドライフルーツを入れるとパンの水分が、フルーツに奪われるのでパンが乾燥しやすいそう。

なるほど。

今まで、レーズン入れてパン焼くとき。普段どおりの水しか入れてなかったけど、あれは水多めにしないと乾燥しちゃってたんだな。

先生がこねた生地を使って、成型して焼いた。


画像



先生が練った生地だけあって、きめ細かくてきれい。味見したら、とてもおいしかった。

クーペというパンに入れる切れ目。これって見た目をよくするために入れてるのかと思ってたら。

今日、習ったことによると膨らんで生地が裂けないように、膨らみに余裕をもたせるために入れてたんだそうな。なるほど。

私のクーペはちょっと失敗。もうちょっと端にまで、しっかり切れ目を入れたほうがいい。


続いて、自分たちで捏ねて、お持ち帰り用の生地を作った。

明日、自分で成型して焼く。こんなにきれいに焼けるかなぁ。



"ライ麦のフルーツブレッド焼きました" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント