ラジオ体操がはじまった

近所の公園で、朝のラジオ体操がはじまった。

神奈川のときは、近所の人が30人くらい集まる感じだったけど、こっちは多い!

100人くらい集まってて、朝からびっくりした。

今回のラジオ体操では、読み聞かせ友達の発案で、体操後に紙芝居を読むことになった。

この日のために、何度か友達の家に集まり、打ち合わせ、紙芝居の選択、ともろもろ準備。


やっと、今日が迎えられた。

ラジオ体操後に

「この後、紙芝居はじめまーす!」と3人で声がけ。

何人くらい残ってくれるかなぁと思っていたら、30人くらいの子たちがシートの上にぞくぞくと集まってくれた。嬉しい。


拍子木をカンカンカンと叩いて、紙芝居のはじまりはじまり。

今日は、

ももたろう
ピノキオ

の2冊を読んだ。

公園で紙芝居読むなんて、昭和初期の人みたいでおもしろい。屋外で読んだの初めてで、それも楽しかった。

大きな木の木陰で、蚊取り線香たきながら紙芝居。子どもたちからは、拍手をいっぱいもらった。

なんか田舎の風景らしくていいなと思った。

"ラジオ体操がはじまった" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント