朝の時間におはなし会

今日は初めての小学校での朝読。

今週は読書週間とのことで、小学校から依頼され、図書館ボランティアの皆で行った。

授業が始まる前の8時半から15分間。絵本の読み聞かせ。

私が担当したのは、一年生のクラス。22人。

教室に入るともう皆、体育座りして待っていてくれた。
かわいい目が一斉に私を見ていた。

今日読んだのは、

きこりとおおかみ(福音館書店)

きこりとおかみさんが、すかんぽのスープを煮ていると。
そこにおおかみがやってきて・・・。


といったお話。

子どもたちからは、こわいーとか、やったーとかの声が聞けた。


始まる前に、

寒くなってきたね。皆、あったかいお鍋食べたり、スープ飲んだりしてるかな?
と聞くと、

一斉にあちこちから

朝、シチュー飲んだよ!

昨日、お鍋食べた!

あのね、おとといお鍋したよ。

と皆、すごい元気にワイワイ答えてくれた。


今日のお話もすごくすごくあったかいスープが出てくるよ。じゃあ、お話始めるねと言ったら。

しーんと集中。
すごくお話聞きなれてて、感心した。

後から、先生に聞いたら、毎日、ひとつのお話を聞いてるそうで、それで慣れているらしい。

朝の時間にこうやって、小学校行くのもおもしろい。次は春の読書週間に。

画像

図書司書さんが、かわいい名札を作ってくれた。
ステンシルで絵が描いてあって、凝ってる。

先生方にもとても歓迎されて、嬉しかった。

"朝の時間におはなし会" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント