雪が残るなか読み聞かせにいく

火曜は図書館、水曜は児童館で読み聞かせ。

児童館では、子どもたちをいっぱいなでた。

本を読み終わったら、子どもたちが私たちのまわりに集まり。


本おもしろかったー。

また、来てよ。

ねえねえ、こんなこと出来るんだよ。(→といった後に足を開脚。)


と子どもたちといっぱいおしゃべり。ただそばに来て見つめてくる子もいたり。

うんうん、そうかそうか。いい子だいい子だと言って、小さい頭や小さい背中をなでた。

この日は3冊読んだ。新年らしい選書で。


どんぶらどんぶら七福神(こぐま社)
おちゃのじかんにきたとら(童話館出版) →絵がとても素敵。名作。
おふくさん(大日本図書)


週の初めに降った雪。

山梨は、今日になってもまだ日陰には積もったまま残っている。

雪の日は、家で編み物して過ごした。夕方になって雪がやんで、外を散歩したら子どもたちが、すごくはしゃいで雪合戦してた。

画像

*メモ*
色番:104
LOT:101
棒針:8mm

画像


児童館でなでた小さい背中、あったかかったな。


"雪が残るなか読み聞かせにいく" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント