火曜日のおはなし会

火曜日は、児童館でおはなし会だった。

1年生と2年生に。

1年生は、児童館でおはなしを聞くのが初めて。30分間、じっと聞いていられるかなと思ってたけど、すごく
集中してじっくりお話しを聞いていた。

初めての子たち向けの選書がよかったかな。

この日の絵本。

ゆかいなかえる(福音館書店)

どうぶつしんちょうそくてい(アリス館)

しょうじき50円ぶん(廣済堂あかつき)



「しょうじき50円ぶん」の絵本は、大阪が舞台で。

大阪のたこ焼き屋のおじちゃんと小学生の兄弟二人とのやりとりがある。


たこ焼き屋のおじちゃんが、たこ焼きを子供たちに渡すときに


はい、1つ300万円!

おつり、200億円!

とか言いながら、100円玉を手渡す。

この昭和な感じのやりとり好きで、毎回、笑ってしまう場面なんだけど。

子供たちを見ると。


きょとーん。


全然、笑ってない。ぽかーんとみてる子もいて。

そうなんだぁ。このギャグ、通じないか。

私(←アラフォー)が子供のころは、買い物するとそういうこと言う大人が、どっかしらにいたな。

はい、100万円!

とか言われて、100円玉渡されたことなんて数知れず。

今の大人でやる人見かけないから、子供もわからないのか。


このギャグ古いのね。

それに今って、小売店じゃなくてスーパーで買うこと多いから、お店の人とこうやって遊ぶことあんまりないのかもしれない。


はい、100万円!


でも、私は。今、聞いても笑っちゃう。

"火曜日のおはなし会" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント