金木犀とクマさん

今日は図書館へ。

図書館の前のお庭で金木犀がいっぱい咲いていて、いい香りだった。

画像


今日は0〜3歳児向けのおはなし会。

絵本を読み始める前に、クマさんクマさんという歌を歌い、

この歌に合わせて、カゴの中に入っているクマさんが起きて、皆にご挨拶をする。

そして、おはなし会がはじまる。

おはなし会の最後も、クマさんの挨拶で終わり。


今日は、クマさんがサヨウナラと頭を下げた後で。

2歳くらいの女の子とママさんが、


ねえ、ママ。クマさん、どこ行くの?

-クマさん、お腹空いたから、ごはん食べにお家へ帰るんだよ。

お家は、割と近いの?

-うーん。そうだねー。近いんじゃないかなぁ(^^ゞ


と話しているのを聞いて、おもしろかった。

子どもにとって、このぬいぐるみのクマさんは、ちゃんと生きているし、生活しているんだな。

おまけ的な存在かと思ってたけど、このクマさん結構、大事な役目があるかもと思った。

"金木犀とクマさん" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント