せせらぎの道を歩いて、丘にでたら

今日はヨガ教室の先生主催の森林ウォーキングの日。

せせらぎのある道をみんなで歩き、

森林療法士の先生に、歩きながら植物をガイドしてもらったり。

お日さまを感じてみたり。

葉が風に揺れる音や鳥の鳴き声を聞いて、歩いた。


今日見たり、教えてもらった植物をメモ。

シラカシ

ハクモクレン

沈丁花

ハナミズキ

ドウダンツツジ

河津桜

ヤシャブシ

ホトケノザ

梅いろいろ(名前忘れた)



シラカシの木の幹とか、葉っぱとか触って安心した。なんか、この木好きだな。と思ったら、

先生がヨガのスタジオの床材、これですよと教えてくれた。

よく触れてるからなのかな、好きだとか安心した気持ちになるのは。


画像

通りを華やかにする、さすが桜。


画像

ハクモクレンの新芽は触ると赤ちゃんみたい。


画像

これ何だ?と皆を考えさせた、ヤシャブシ。


せせらぎを歩き終わって、小さい山の上に登りみんなでアーシングした。


そしたら、ボランティアらしきおじさんに君たちは下に降りるの?

と聞かれ、降りると話すと


じゃあ、これ一本ずつ持ってきてね。


とおじさんから、小さい丸太を持って下に降りるように言われた。

どうやら、その丸太でキノコを栽培しているボランティアさんたちだったみたいで。


そんな訳で帰り道、一人ずつ丸太を抱えることになったのだけど。


持って見たら、丸太ってすっごく重たい!

笑っちゃうほど重くて、私は一番小さいのにさせてもらった。


ウォーキングの締に丸太抱えるっていうのなんだか笑った。

画像

腕がプルプル。

先生、お仲間の皆さん。楽しい一日をありがとう!



"せせらぎの道を歩いて、丘にでたら" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント