本当の姿は・・・

今日から、夏休みのラジオ体操が始まった。

そして、紙芝居もスタート。

今日はまだ初日とあって、子どもたちは少なかった。そして、みんなちょっと眠そうな顔。


拍子木をコンコンコンと鳴らして、紙芝居はスタート。

画像



今日のメニューはこのふたつ。

おむすびころりん(教育画劇)

あしながてなが(教育画劇)


去年の夏、紙芝居を読んでから。

近所を歩いているときに、


あ!紙芝居のひとだ!

このお家に住んでるの?

また紙芝居、読む?


と子どもたちに言われることが何度もあった。嬉しい。



そして、たまたま昨日。

バイト先のお店に買い物に来た小さい女の子が。


女の子 「あー!紙芝居のひとだ! どうしてここにいるの?」


Muni 「ふふふ。ばれちゃったかー。そうです。紙芝居のおばちゃんです。お仕事しているんだよ、ここで。」


女の子 「じゃあ、朝はラジオ体操して。紙芝居を読んで。それから、お仕事しているの?」


Muni 「うん、そうだね。夏はラジオ体操して、紙芝居読んで、お仕事だね。
     今年も紙芝居やるよ。よかったら、明日来てね!」

女の子 「すごーい。すごーい。」

と。

去年のことなのに、子どもはよく覚えてくれてる。

よく私ってわかったねと聞くと。顔でわかったと即答された。


そして何度も、すごーい。すごーい。と言われて、照れた。


何がすごいんだか、よくわからなかったけど。

どうやら、その女の子たちの話を聞いていると。

紙芝居のおばちゃんの秘密を知ってしまったという感じみたい。笑っちゃうな。

紙芝居のおばちゃん。本当の姿は、、、近所のお店の店員さんでした!ってことかな。








"本当の姿は・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント